So-net無料ブログ作成
検索選択

さらばハイセイコー [比国雑感]

さらばハイセイコー

歌:増沢末夫

作 詞:小坂 巌 / 補作詞:山田孝雄

作 曲:猪俣公章 / 編 曲:竹田由彦


誰のために 走るのか
何を求めて 走るのか
恋に別れが あるように
この日が来るのが 恐かった
ありがとう友よ さらばハイセイコー

栄光目指し まっしぐら
逃げろよ逃げろよ 捕まるな
愛の右ムチ 打ちつけた
恨んでないかい この俺を
ありがとう友よ さらばハイセイコー

幾十万の 観衆に
真ごころ見せた その姿
哀しいだろう 辛かろう
斗い終って 馬場を去る
ありがとう友よ さらばハイセイコー

みなさま、この歌ごぞんじでしようか?
競馬が市民権を得る結果になったきっかけは、間違いなくこの ハイセーコーです、当時競馬などは
悪い人間がやるものだという国民意識があった時代です。

美濃部東京都知事が後楽園競輪を廃止して、公営ギヤンブルは庶民の生活を脅かす悪行とまでいわれ
弾圧された、いわゆる賭け事にヒーローを誕生させ、一般民衆に浸透させる。

ハイセーコーは国をも変えた英雄です、最近は三冠馬が何頭か出ました、外国の重賞を勝った名馬も出ました
しかし、ハイセーコーに勝てる馬はいません、こんなに世の中を騒がせた馬はいなかったでしょう。

主戦騎手が引退後歌まで歌った競馬馬はハイセーコーが最初で最後でしょうー

本当に印象に残る馬でした。

おいら、競馬関係の仕事をしていた人間ですのでこのハイセーコーにかかわるエピソーどはたくさんきいています。

そんな中で印象的なものを一つ御紹介いたします。

あの馬は賢いんだ・・・・・レースが近いのがわかるんだね?、自分で体を作るんだ・・・・・

こんな言葉良く競馬関係者なら聴く言葉です、このような馬はいくらでもいます。

賢いほうですね、確かに,走るために生まれたサラブレッドですから。

けれど、皆さん本当に賢い頭のいい馬は決していい成績が取れない・・・・知ってました?

それは人間と同じですよ。

本当に賢い馬は自分の能力がわかるそうです、今日の体調だと勝てないな?とかどうやったってあいつには勝てない、だからまじめに走らない。

牝馬の尻を眺めながら走る馬もいました(ホーヨウボーイ)

足が痛い・骨が折れそう・これ以上スピードあげたら体がおかしくなる・・・・・

本当に頭のいい馬はだから一流馬になれないそうです。

人間で言えば東大では大成しない・・・・ごめんね東大の方(笑い)

では、どうゆう馬が走るのか?

そこそこ利口で、いたずらすきで、何でも一所懸命やる単純な馬。・・・・・人がいい馬でしょうね?

馬にお人よしがいるかどうかはわかりません。

けども片目ゆえに、追い込みしかでき無かった馬、それも左周りだけしか走らないうま・・・ゼンマツ

臆病でほかの馬が怖いから、逃げるしかなかった馬

さて、ハイセイコーは・・・・・

適度に頭がよくて、素直に一生懸命な性格だったそうです。

晩年はあれが大好きだったようで、何頭も子供を残しましたが、これといった馬は出ませんでしたね。

ダービー馬カツラノハイセイコ等そこそこは出ましたけど、血の複雑な掛け合わせが作り出す、走るための
サイボーグたちです。

父、チヤイナロックとは母・・・間違カモ知れないが母 ハイユー

おいらとハイセーコーのお母さんは同級生のはずですがね・・・笑

昔から一番有名な同級生はハイセーコーのお母さんと答えていましたからね、突然競馬の馬の記事など書いた
その理由ですか・・・・・?

そうですね、ハイセーコーに悲しい男の生き様がダブったからでしょうか?

精一杯、能力の限界に逃げる・・・・・

けれど生まれ持った能力は長距離はだめ芝はだめ・・・・

けど、とりあえず一生懸命逃げる・・・・・

ぎりぎりまで粘り・・・・・やはり負ける

でも、また懲りずに逃げる。逃げる。逃げる

がんばる・がんばる・・・・・・・・

涙が出ますね、本当に

こんな父親の姿を子供が見たら、決してひねくれた子供にはなりませんね。

ハイセイコーに子育てを学び、そしてハイセイコーに男の生き様を教えられ

ハイセイコーで破産した・・・・・爆笑(おいらではない)

とにかく記憶に残るすばらしい馬でした。

最後に得意の替え歌を披露です

さらばフィリピーナ

誰のために 走るのか(アコデショー)
何を求めて 走るのか(オカニデショー)
恋に別れが あるように(アタリマエデショー)
この日が来るのが 恐かった(オソスギー)
ありがとう妻よ さらばフィリピーナ・・・・・・

永住めざし まっしぐら
逃げろよ逃げろよ 捕まるな
入管追跡 にげまわり
全国各地で アルバイト
ありがとう妻よ さらばフィリピーナ・・・

幾十万の オカクサン
嘘つきつずけた その姿
哀しいだろう 辛かろう
年齢食いすぎ パブを去る
ありがとう妻よ さらばフィリピーナー



すみません、実はこの歌を歌いたかっただけででした。

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

junsbar

懐かしいですね。ハイセイコー
もう30年以上前ですか?
この馬の想い出は
某駅前の果物屋(いや八百屋だったか)の親父が
ノミ屋で買った単勝馬券で夜逃げをしたことでしょう
でも強かった でかかった。
替え歌ナイス
by junsbar (2008-04-20 05:09) 

imus0216

junsbar殿

本当になつかしいですよね、特にあのころは日本はまだそんなに競馬が世の中にみとめられてないころですからね。

思い出の馬は何頭もいますが、やはりハイセイコーですね。

by imus0216 (2008-04-21 21:28) 

良バブ

ご老公ブログのマタバです

何故か小学生だったのに母親に頼んでハイセイコーからの特券1枚を買ったのを覚えています(笑)
4-7を買ったのか?4.7倍だったのか?覚えてませんが馬券は当たったのは覚えています
増沢さんのレコードは級友宅にあったのを聞きました
ですので、『まだ若い』ですが。。。。しっかり唄えます

特券って今や死語なんでしょうね(爆)
by 良バブ (2008-04-22 00:41) 

imus0216

良バブ 殿
特券は死語ですね、あのころは競馬で1000エン買うのは勇気がいる事でしたね。

薄い紙の穴のあいた馬券や車券おぼえていますか?
本当になつかしいですね。

宜しくお願いいたします。

by imus0216 (2008-04-23 00:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。